賀詞交歓会で14団体「健全化推進に関する声明」発表

公開日: :   e-じゃんNEWS

パチンコ・パチスロ産業21世紀会(21世紀会)に正会員として加わる業界14団体の共催により、パチンコ・パチスロ産業賀詞交歓会が26日、東京都港区新橋の第一ホテル東京において開催された。450人を超える業界関係者や来賓らが出席した。
昨年2015年にあった一連の「遊技くぎ」問題では、「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」がホールに蔓延していた事態が発覚。結果として、社会からの業界に対する信用を著しく失墜させた。新年の2016年を迎えるにあたって21世紀会は、自浄の意思と業界再生の決意を示すため、「遊技業界における健全化推進に関する声明」を発表。14団体それぞれが個別に具体的な取り組みを示した。
21世紀会の14団体は、全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)、一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協)、日本遊技機工業組合(日工組)、日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)、全国遊技機商業協同組合連合会(全商協)、回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)、一般社団法人遊技場自動サービス機工業会(自工会)、遊技場自動補給装置工業組合(補給組合)、遊技場メダル自動補給装置工業会(メダル工業会)、一般社団法人日本遊技産業経営者同友会(同友会)、一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進)、一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)、一般社団法人電子認証システム協議会(認証協)、一般社団法人プリペイドシステム協会(PSA)。
会の冒頭では、全日遊連の阿部恭久理事長、日工組の金沢全求理事長、日電協の佐野慎一理事長の3氏が、挨拶を行った。
全日遊連の阿部恭久理事長は21世紀会が発する声明について、「これは遊技産業に所属するすべての団体が、身近で手軽な大衆娯楽の原点へと立ち返り、遊技産業全体で健全化を積極的に推進するという、社会に向けた声明文、すなわち約束である」と意義づけた。そのうえで、業界が一丸となって大衆娯楽としてのあるべき姿に軌道修正することを誓った。
日工組の金沢全求理事長は、「日工組は、新基準に該当しない高射幸性の遊技機、および検定機と性能が異なる可能性があるぱちんこ遊技機を、ホールの協力を得て回収撤去していく。今後、ホールにとって安心・安全、ファンにも安価で遊べる遊技機を提供することを誓う」と述べ、業界の健全化と活性化に向け活動していくという新年の抱負を語った。
日電協の佐野慎一理事長は、パチスロではATおよびARTタイプの射幸性が高くなる傾向があったとしたうえで、「今後は1日中メダルが出るというような射幸性を制御していく。昨年に引きつづき今年も努力する」と述べ、パチスロの射幸性抑制を一層強化していく方針を示した。
警察庁からは生活安全局保安課の小柳誠二課長が来賓として出席。小柳課長は、業界団体によるのめり込み(依存)問題への対策、射幸性の抑制に向けた取り組みなど、ホール営業の健全化に向けた諸活動に対し「私どもとしてもたいへん心強く感じている」と評価。そのうえで、「各団体におかれては、あらゆる機会を通じて個々の会員に対し健全化への取り組みに対する意識づけを行い、業界を取り巻く諸問題の解決に向けた共通理解の醸成に配意していただくようお願いしたい」と述べ、健全化に向けた一層の取り組みを期待した。
以降に、21世紀会14団体による「声明」の全文を掲載する。
※※※
「遊技業界における健全化推進に関する声明」
私たち(遊技業界に所属する14団体)は、遊技業界の現状に鑑み、ファンが安心して快適に遊技できる環境を整備し、14団体が共に協力し合いながら、身近で手軽な大衆娯楽の原点に立ち返り、遊技業界全体で積極的に健全化を推進して参ります。特に、検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機に関する問題については、早期に解決できるよう、遊技機製造業者は検定機と同じ性能の状態でぱちんこ店に出荷設置し、ぱちんこ店は遊技機製造業者から販売される適正なぱちんこ遊技機を導入し営業して参ります。入れ替え対象となる検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機は、遊技機製造業者とぱちんこ店が協力して可及的速やかに回収撤去を行って参ります。
具体的には、各団体は下記事項について取り組んで参ります。
全日遊連(阿部恭久理事長)は、
1 「新基準に該当しない遊技機の取扱いについて(基本方針)[平成27年6月24日決議]」をより推進し、組合員店舗が決議事項をいち早く達成するよう徹底して参ります。
2 「高射幸性遊技機の取扱いについての合意書[平成27年9月30日締結]」をより推進し、組合員店舗が締結事項をいち早く達成するよう徹底して参ります。
3 遊技機製造業者から販売される適正な遊技機を導入し、営業していくよう組合員店舗への指導をして参ります。
4 入れ替え対象となる「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」は、遊技機製造業者と協力して撤去していくよう組合員店舗へ要請して参ります。
5 地域社会との融和、共存を図り、ファンから信頼される遊技業界の構築に努めて参ります。
日遊協(庄司孝輝会長)は、「ぱちんこ遊技機の撤去回収等に関する声明」(平成27年12月25日)に基づく事項を確実に推進します。
日工組(金沢全求理事長)は、
1、6団体による「高射幸性遊技機の取り扱いについての合意書(平成27年9月30日付)」に基づき、新基準に該当しない高射幸性遊技機の回収を促進して参ります。
2、「遊技くぎ」に関連する事案に該当するおそれのある遊技機を関係団体と協力を得て、ホールからすみやかに回収し、適正な遊技機に入れ替えて参ります。
3、遊技機の出荷、設置等の各段階におけるその検定型式を担保するため、新たに「製造業者遊技機流通健全化要綱」及び「遊技機製造業者の業務委託に関する規程」を制定し、遊技機流通の健全化を一層強化して参ります。
4、手軽に安く安心して楽しめる多種多様な低射幸性遊技機を開発、販売し、遊技客の増加を目標とし、遊技客とホールが安全、安心して使用できる遊技機を提供して参ります。
5、不正改造の防止対策を推し進め、風営法等関係法令の遵守及びコンプライアンスの徹底を図り、遊技機製造業者としての自覚と責任を持って業界の健全化に努めて参ります。
日電協(佐野慎一理事長)は、21世紀会における「遊技業界における健全化推進に関する声明」を支持するとともに、次の事項を重点とした取り組みを行って参ります。
1 高射幸性遊技機の撤去に取組みます。
6団体による平成27年9月30日付け「高射幸性遊技機の取り扱いについての合意書」に基づき、新基準に該当しない遊技機のうち出玉情報2万枚以上の回胴式遊技機を全日遊連と協力し、撤去を促進して参ります。
2 遊技機流通の健全化に取り組みます。
日電協は、日工組と協同して、検定を受けた型式を担保し、不正改造等を防止するため、製造業者の遵守事項を定めた「製造業遊技機流通健全化要綱」を制定するとともに、製造業者が製造する遊技機の販売においてその流通過程の業務委託に関する必要な事項を定めた「遊技機製造業者の業務委託に関する規程」を制定するなど、遊技機の流通の健全化を一層強化し、遊技機の不正改造等の撲滅を図って参ります。
3 射幸性を抑制した遊技機開発に取り組みます。
昨年の12月1日以降の新台設置から指示機能の主基板移行によって遊技機セキュリティの抜本的な向上を図る一方、射幸性と消費金額の抑制を図り、のめり込み防止に努めるとともに、短時間で楽しく遊べる遊技機の開発を進めて参ります。
全商協(中村昌勇会長)は、
1 安心して営業できる遊技機を提供していくために、所属する遊技機取扱主任者に対し、法令遵守の徹底と点検確認作業の更なる技術向上に向けた実技講習会を実施して参ります。
一人一人が正しい知識と技能を持って取り組み、中古遊技機流通制度において、さらなる厳格な運用制度の確立・維持を積極的に進めていくことで、我々全商協としての役割を果たして参ります。
2 遊技業界におけるのめり込み依存問題への取組みの一助として、のめり込み依存問題相談窓口として活動されております特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワークによる電話相談業務の支援活動を、日工組との共同作業として展開しております。
これからも依存問題への取組みとして、この支援活動をさらに充実させながら、リカバリーサポート・ネットワークの啓蒙活動についても全国に広めて参ります。
回胴遊商(伊豆正則理事長)は、
1 遊技機の健全な流通制度の確立を目指す
登録販売業者として遊技機の販売と設置及び部品交換後の点検確認の各業務に関して、適正な業務を遂行できるよう関係法令や遊技機取り扱いに関する遵守事項等について研鑽に努める。
適正な遊技機環境を構築するため、高射幸性遊技機の撤去を推進する。
2 信頼される精度の高い中古流通の保証書を作成する
回胴式中古遊技機に関する保証書の作成は遊技機取扱主任者として非常に重要な業務との自覚をもち、点検・確認の知識と技能の更なるレベルアップを図る研修を実施し、信頼される精度の高い保証書の作成を目指す。また、これらの実現のために平素からあらゆる機会を捉えてコンプライアンスの徹底を図り、適正で確実な点検確認を実施する。
3 社会貢献活動と犯罪防止活動に努める
植樹や珊瑚の植え付け等の環境保全活動や東日本大震災に対する東北復興支援等の社会貢献活動は従来どおり継続して推進する。特に、回胴式遊技機の高射幸性遊技機等の使用済み遊技機については、当組合が定めるリサイクル管理票の厳格な運用に努めるほか、他団体にも働きかけ、業界全体が連携して使用済み遊技機が闇スロ店に流出しないよう適正リサイクルの徹底を図る。
自工会(古宮重雄理事長)は、健全化推進のため、以下の事項について取り組みます。
一 セキュリティの高い計数機の開発・販売を通して、安心・安全な計数環境を提供し、遊技客が安心利用できる景品交換システムを引き続き提供します。
一 会員管理システムを利用した依存(のめり込み)問題対策に積極的に協力します。
一 遊技産業健全化推進機構及びリカバリーサポート・ネットワークの活動を支援します。
補給組合(梁川誠市理事長)は、
1.遊技場のセキュリティに貢献できるホールコンピュータ等の管理システムを通じて、安心出来る設備環境の提供に努力して参ります。
2.ホールコンピュータとセキュリティシステムとの連動により、お客様の安全の確保と遊技場の信頼の向上に繋がるよう努力して参ります。
3.一般社団法人遊技産業健全化推進機構および特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワークの活動に対して引き続き支援していくとともに、パチンコ・パチスロ産業21世紀会の活動にも積極的に協力して参ります。
メダル工業会(大泉政治理事長)は、遊技業界健全化のため下記の事項を推進する。
1 ホールのメダル自動補給装置の導入は、労働環境の改善、省力化に直結し、経営の健全化が向上されることから、更なる普及に努めていきます。
2 利便性、耐久性に優れ、更に不正改造防止にも寄与できるメダル自動補給・回収器具の開発改善に努めていきます。
3 一般社団法人遊技産業健全化推進機構及び特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワーク並びに21世紀会として推進する、健全化活動に積極的に協力していきます。
同友会(東野昌一代表理事)は、
「ぱちんこ遊技機の撤去回収等に関する声明」(平成27年12月25日)に準じ、お客様が安心・安全に遊技できる環境づくりをホール、メーカー、販社等の業界関係団体と共に、率先して取り組む。
余暇進(笠井聰夫代表理事)は、
各都道府県公安委員会の検定を通過した遊技機が「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」として撤去回収されることは、業界が過去の教訓を活かせていないことの証左でもあり、誠に残念であります。今後このような事態が起こらないよう、業界の環境を整備推進していきます。
PCSA(金本朝樹代表理事)は、
1.平成27年8月10日に発表したPCSA声明の通り、パチンコを時間消費型娯楽という本来の姿に回帰させ、国民大衆に娯楽と憩いの場を与えられるように努力いたします。
2.平成27年12月25日に発表したぱちんこ遊技機の撤去回収等に関する声明を遵守し、お客様がより安心して遊技できる環境整備を推進いたします。
認証協(広瀬清代表理事)は、
1 21世紀会 健全化推進に関する声明に基づき、設備機器を通して「ファンにとって快適な環境つくり」に取組みます。
2 ユニットシステムのセキュリティー向上を図り、遊技場の健全化推進支援に取組みます。
3 「一般社団法人遊技産業健全化推進機構」並びに「認定特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワーク」の活動支援に取組みます。
PSA(小堀豊代表理事)は、
この業界の一員として、このような事態、すなわち検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ遊技機が長年、半ば公然と広がっていたこと、しかも、それが一般紙に報じられ業界の信用が著しく傷ついたことを深く反省するとともに、再びこのようなことが無いよう業界の健全化に努めて参りたい。

 

(日刊遊技情報)

関連記事

no image

大阪府遊連青年部会、第29回「未来っ子カーニバル」を開催

大阪府遊技業組合連合会青年部会は12月23日、大阪府門真市の東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真

記事を読む

no image

保通協、9月の型式試験実施状況を公表 ~パチスロは適合率低下も受理件数が増加

保安通信協会(保通協)は3日、2016年9月の型式試験実施状況を公表した。パチンコは結果書交付70件

記事を読む

no image

コナミ、2017年3月期第1四半期決算 ~モバイルゲーム好調で純利益35.8%増

コナミホールディングスは7月29日、2017年3月期第1四半期決算短信[国際会計基準](連結)を公表

記事を読む

no image

保通協、11月の型式試験実施状況を公表

保安通信協会(保通協)は1日、2016年11月の型式試験実施状況を公表した。  パチンコは結果書交

記事を読む

no image

滋賀県遊協青年部会、教育委員会へ寄付金を寄贈

滋賀県遊協青年部会は8日、滋賀県大津市の滋賀県庁において教育委員会に対する寄付金の寄贈式を行った。社

記事を読む

no image

全日遊連、2.0枚規制を改めて傘下ホールに通達

 全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は、11日付で「回胴式遊技機における自主的な措置の実施につ

記事を読む

no image

鹿児島県、国文祭協力のため入替などを自粛

鹿児島県内のホールは、10月24日から11月23日までの1カ月間、同県内で開催される「第30回国民文

記事を読む

no image

山佐、「ナイツ2」販売を開始

山佐はこのほど、パチスロ新機種「ナイツ2」(型式名「ナイツ2/CC」)の販売を開始。全国営業所では1

記事を読む

no image

ユニバーサルとサミー、「ユニバカ×サミフェス2016」を開催

ユニバーサルエンターテインメントとサミーは7月24日、東京都江東区有明の東京ビッグサイトにおいてファ

記事を読む

no image

保安課、小柳課長の後任には山田官房参事官

 警察庁は、9月4日付で警察庁生活安全局保安課の小柳誠二課長が高知県警本部長に異動することを発表。あ

記事を読む

  • ejan_janbari
  • jbmembers_seesaa_side
  • 170901_JwS_250_80
  • ejan_syuzai_bn_new
  • ejan_raiten_sma_bn
  • ejan_pioneer_bhed2
  • seesaa_jirou_side
  • seesaa_taku_side
  • koutaro_seesaa_side
  • rino_seesaa_side
  • ejan_kojiro_bhed
  • ejan_soichiro_bhed
  • kudoublog_bana
  • miyu_b_said
  • shizuka_b_said
  • natsuki_blog_side_02
  • rose_m_side
  • rina_side
  • hotaru_blog_190_80
  • nono_seesaa_side
  • ejan_mico_bhed4
  • ran_blog_s
  • ejan_yukina_bhed
  • ejan_doremi_bhed
  • ejan_mai_bhed
  • tomekichi_seesaa_side
  • ejan_pan_bhed
  • ejan_sanpe_bhed
  • ejan_hiroshi_bhed2
  • ejan_kenta_bhed2
  • ejan_tom_bhed2
  • juju_side
  • ejan_date_bhed
PAGE TOP